ひろた歯科通信
2018年08月16日のつぶやき
13:27
2018年8月16日(木)『ヒトの下半身で最後に進化したのは〇〇〇!』げなよ! https://t.co/CR9Bro24sp #jugem_blog
カテゴリ:- | 02:20 | - | -
2018年8月16日(木)『ヒトの下半身で最後に進化したのは〇〇〇!』げなよ!

 

ランキングに参加しております。励みになりますので、
にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へここをクリック願います。
ブログ村に移動したあと、ひろた歯科通信の記事タイトルをクリックし、
当ブログにお戻りください。

 

 

 

こんにちは。8月16日、木曜日です。

 

本日は新宿(JR大久保駅)の橋本歯科医院にお邪魔しております。

東京は晴れ。気温摂氏31度、体感気温は摂氏33度となりました。

ひろた歯科医院は19日の日曜日までお盆休みです。

20日の月曜日から通常診療となります。

長期間の休診で何かとご迷惑をお掛け致しますが、

ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

さて、直立二足歩行する私達人類において、最後に進化したのは

『つま先』だったという研究結果が発表されました。

 

(以下参照

 

人間の下半身で最後に進化したのは「つま先」だという研究結果

 

 

地球上に現存する生物で直立二足歩行が可能なのはヒトだけだといわれています。もともとは樹上で生活していた猿が進化の過程で地上に降りて2本の足で歩くようになるにあたって、最も遅くまで進化をし続けていた体の部位は「足のつま先」だったという研究結果が報告されています。

 

Evolution and function of the hominin forefoot | PNAS

http://www.pnas.org/content/early/2018/08/07/1800818115

 

マルケット大学のピーター・フェルナンデス博士率いる研究チームは、類人猿の化石から現代人に至るまでの足の骨を3Dスキャンし、比較を行いました。その結果、他の骨に比べて、足のつま先に当たる親指は進化のスパンが長かったことが判明しました。

 

 

二足歩行をするためには、まず最初に足の骨が二足歩行の生体力学的要求に適応するよう進化する必要があります。研究チームは、地上で効率的に移動するために現代に至るまで長く進化を続けた結果、足の親指の骨は体重を支えながら地面を蹴って推力を得るだけの剛性を手に入れたと論じています。フェルナンデス博士は「現代人は直立二足歩行でつま先を地面につけるために関節の安定性を高めましたが、木の枝をつかむような器用さは失ってしまいました」と語っています。

 

 

なぜヒトが樹上生活をやめて直立二足歩行に移行したのかはまだ謎に包まれていますが、「道具をもつために手を移動手段にするのをやめた」「気候変動で森林が失われた」「2本の腕で枝を持ってつかまり立ちをすることから自然と移行していった」などさまざまな説が唱えられています。「足の骨のうちで親指の進化が最も遅かった」という今回の研究結果から、初期の人類の足の構造は直立二足歩行に完全に適応しておらず、依然として物をつかむために足を使っていたということがわかりました。

 

研究チームは「初期の人類の足にはさまざまな機能が混在していた」と予想していて、フェルナンデス博士は「二足歩行の進化に伴ってどのような変化が起こったのかを特徴付けるために、親指以外の骨についても同様の分析を行うつもりです」とコメントしています。

 

 

(引用ここまで)

 

 

げなです。

 

ヒトが樹上生活を終え地面での生活に移行した理由については様々な説があります。その説全て、理にかなっており納得してしまいます。

 

今回の研究結果から足の親指の進化が他の骨に比べスパンが長いことが判明。親指の形態が変化するにつれ、ヒトの生活様式も変化してきたのでしょうね。

 

僕は長時間歩くと、右足の親指の付け根が痛くなってきます。

靴が合っていないのかもしれませんが、最近、アゴのずれがひどくなってきているのを実感しており、身体の左右バランスも壊れてきているのです。

 

早く自分の治療もしないとなんですが・・・・・。

 

さ、本日も新宿でお手伝いです。午後からも気張って参りましょう!

 

 

 

 

ひろた歯科医院は19日(日)までお盆休みです。

8月20日(月)から通常診療となります。

 

 

ランキングに参加しております。
励みになりますので、
ランキングアップにご協力をお願い致します。

 

 

 

「ポチィ」とクリックをお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へここをクリックお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへこちらもクリックお願いします!
にほんブログ村

 


 

raoのコピー.jpg

 

DSC_0973rao.JPG

スライド1.jpg
オゾンは歯科で欠かせないのです!←ココをクリック!

 

名刺2のコピー.jpg

ランキングに参加しております。
励みになりますので、
ランキングアップにご協力をお願い致します。
「ポチィ」とクリックをお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へ←ここをクリックお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ←こちらもクリックお願いします!
にほんブログ村

ひろた歯科医院HP
http://hirotadentaloffice.jimdo.com/
ひろた歯科医院フェイスブックページ
https://www.facebook.com/#!/hirotadentaloffice?pnref=lhc
ひろた歯科医院携帯電話・スマートフォンページ
http://pc.fdoc.jp/hp/127007/
本日の九州北部の大気の状態
http://sprintars.riam.kyushu-u.ac.jp/forecastj.html

カテゴリ:健康・医学・自然科学 | 13:27 | comments(0) | trackbacks(0)
2018年08月10日のつぶやき
13:15
2018年8月10日(金)『手軽にバイオハックが楽しめる実験キット!』げな! https://t.co/kx17on2XYH #jugem_blog
カテゴリ:- | 02:20 | - | -
2018年8月10日(金)『手軽にバイオハックが楽しめる実験キット!』げな!

 

ランキングに参加しております。励みになりますので、
にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へここをクリック願います。
ブログ村に移動したあと、ひろた歯科通信の記事タイトルをクリックし、
当ブログにお戻りください。

 

 

 

おはようございます。8月10日、金曜日です。

 

本日も晴天となり気温摂氏32度、体感気温摂氏37度です。

先週に比べ若干気温下がりましたが、陽射しは強く、

肌がジリジリと焼けるのを感じます。

明日からまた気温あがるとの予報です。

立秋は過ぎましたがまだまだ暑い日が続くのでしょうね。

熱中症対策怠りなく過ごしていきましょう。

 

さて、夏休みの自由研究に使えるネタがありました!

 

(以下参照

 

MITの研究者が手軽にバイオハックが楽しめる実験キット!

水でもどしてDNAのタンパク質合成を観察

 

 

電子回路やロボットを自作するキットは多く出ているが、手軽に生物学の実験ができるキットについてはあまり聞かない。

その理由は、生物学の実験には生きている細胞を使う必要があり、キットにこれを含めるのが難しいからだ。

 

多くの研究者が、実験キットに触れたのをきっかけに科学の道に進むことを考えると、生物学の実験キットがもっと身近であってもよいだろう。

 

そこでMITとノースウェスタン大学の研究者らは、家庭でも簡単にDNAによるタンパク質合成ができるキットを開発した。

 

・DNAによりタンパク質が合成されるのを観察

 

 

BioBitsキット」を使えば、DNAがどのようにタンパク質を合成するかが観察でき、学生自身がDNAの合成プロセスをデザインできる可能性があるという。

 

従来、細胞を生きたまま保つには高価な装置が必要だったが、研究者らは細胞の構成成分を凍結乾燥して保存する技術を開発。実験の際は水でもどして培養できる。

 

おかげで、安価で安全、保存性にも優れた実験キットが製造可能となった。

 

光を放つタンパク質をベースにした観察キットには、DNAがタンパク質を合成するのに必要な細胞成分の入ったチューブと、数種類の色のタンパク質を合成するDNAが含まれている。

 

・生徒30人が100ドル以下でDNAの実験を試せる

 

このキットを用いた実験は、DNAの量や培養時間、反応の温度を調整して反応を試すことができる。しかも、生徒数30人の教室での実験が100ドル以下で済むという。

 

また、見た目でなく香りやセンサーで反応を確認するキットも開発していて、バナナやキウイなどから抽出したDNAで実験できる。

すでに、シカゴの小学校から高校までの学生がキットを試していて、実験を成功させているとのこと。

 

研究者は、この画期的な技術を子供だけでなく、生物学を再学習したい大人用のもの開発したい考えだ。

 

「BioBitsキット」は、キッチンで生物をデザインするような、バイオハックを身近なものにしてくれるだろう。

 

参照元:Inexpensive biology kits offer hands-on experience with DNA/MIT News

 

 

(引用ここまで)

 

 

げなです。

 

これは買いでしょう!

 

で、どこで買えるのかネット検索しているのですが・・・・・・。

 

見つけきれませんでした・・・・。

 

お盆休みの間、ネットサーフィンして探してみることにします!

https://www.findel-international.com/product/primary/science/classification-inheritance-and-selection/gene-regulation-kit/e8a02847

 

さて、ひろた歯科医院は明日の11日から19日まで

お盆休みとなります。

 

今年はかなり長期間のお休みを頂戴しております。

 

8月20日(月)から通常診療となります。

 

ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

ランキングに参加しております。
励みになりますので、
ランキングアップにご協力をお願い致します。

 

 

「ポチィ」とクリックをお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へここをクリックお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへこちらもクリックお願いします!
にほんブログ村

 


 

raoのコピー.jpg

 

DSC_0973rao.JPG

スライド1.jpg
オゾンは歯科で欠かせないのです!←ココをクリック!

 

名刺2のコピー.jpg

ランキングに参加しております。
励みになりますので、
ランキングアップにご協力をお願い致します。
「ポチィ」とクリックをお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へ←ここをクリックお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ←こちらもクリックお願いします!
にほんブログ村

ひろた歯科医院HP
http://hirotadentaloffice.jimdo.com/
ひろた歯科医院フェイスブックページ
https://www.facebook.com/#!/hirotadentaloffice?pnref=lhc
ひろた歯科医院携帯電話・スマートフォンページ
http://pc.fdoc.jp/hp/127007/
本日の九州北部の大気の状態
http://sprintars.riam.kyushu-u.ac.jp/forecastj.html

カテゴリ:Takeshiコレクション | 13:15 | comments(0) | trackbacks(0)
2018年08月09日のつぶやき
16:36
2018年8月9日(木)『慢性活動性EBウイルス感染症の標的分子同定!』 https://t.co/XoomKwf2yi #jugem_blog
カテゴリ:- | 02:20 | - | -
2018年8月9日(木)『慢性活動性EBウイルス感染症の標的分子同定!』

 

ランキングに参加しております。励みになりますので、
にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へここをクリック願います。
ブログ村に移動したあと、ひろた歯科通信の記事タイトルをクリックし、
当ブログにお戻りください。

 

 

 

おはようございます。8月9日、木曜日です。

 

本日も晴天となり気温摂氏32度、体感気温摂氏36度です。

まだまだ暑い日が続きそうです。

熱中症対策怠りなく過ごしていきましょう。

 

さて、ほぼすべての成人に感染しているEBウイルス。

通常はB細胞に潜伏しているのですが、ごくまれにT細胞に感染し、

慢性活動性RBウイルス感染症を引き起こします。

そのメカニズムが解明されたようです。

 

 

(以下参照

 

慢性活動性EBウイルス感染症の治療標的分子を同定 - 治療応用に期待

 

 

東京医科歯科大学は8月6日、稀な疾患である「慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV)」患者のEBウイルスに感染したT細胞とNK細胞において、転写因子STAT3が恒常的に活性化していること、また、チロシンキナーゼJAKの阻害剤でその活性化を抑制するとそれらの細胞の生存とサイトカイン産生が抑制されることを発表した。

 

同成果は、同大大学院医歯学総合研究科先端血液検査学分野の新井文子 准教授の研究チームと国立成育医療研究センター高度感染症診断部の今留謙一 統括部長の共同研究によるもの。詳細は、国際科学誌「Oncotarget」に掲載された。

 

CAEBVは、発熱や肝障害などの炎症が持続し、かつEBウイルスに感染したT細胞、NK細胞が腫瘍化していく進行性の疾患。EBウイルスは、ほぼすべての成人が感染しているウイルスであり、通常はB細胞に潜伏感染するというが、なぜ一部のヒトではT細胞やNK細胞へ持続感染し、CAEBVの発症に至るのか、そのメカニズムはよくわかっていなかった。

 

また、CAEBVは化学療法の効果が乏しく、根治には造血幹細胞移植が必要と考えられており、有効な治療薬の開発は喫緊の課題とされてきた。

 

研究では、CAEBVの細胞株とCAEBV患者の細胞を用いて、EBウイルスに感染したT細胞およびNK細胞ではSTAT3の恒常的活性化を認めることを確認したという。STAT3は一部の腫瘍細胞において、遺伝子異常によって恒常的活性化を起こすと報告されているが、今回解析したCAEBV患者の細胞ではSTAT3遺伝子に異常は認められなかった

 

加えて、STAT3はチロシンキナーゼJAKの作用によって活性化することが知られていることから、EBウイルスに感染したT細胞およびNK細胞にJAKの阻害剤を加える実験を行った。その結果、STAT3の活性化が抑制されるとともに、細胞が死にやすく、増えにくくなるという結果を得ただけでなく、炎症の原因物質であるサイトカインの産生が抑制されることを確認したという。

 

これらの結果より、CAEBVの治療において、STAT3を抑制することで、炎症症状や腫瘍への進展が抑えられる可能性があり、治療薬開発への応用が期待できるとしている。今後研究チームは、この研究結果を用いた新規治療法開発のための臨床試験を計画しているとのことだ。

 

(引用ここまで)

 

げなです。

 

Human herpesvirus 4に分類され、通称、エプスタイン・バーウイルス(EBV)と呼ばれるこのウイルスは、ガンマ(γ)ヘルペスウイルス亜科に所属し、幼少期に初感染します。

 

EBVは唾液を介して口腔咽頭のB細胞に感染し細胞にも感染します。

B細胞を不死化(immortalization)させ、日和見感染リンパ腫や上咽頭癌、バーキットリンパ腫などを引き起こします。

 

今回引用した記事にあるように、ごくまれにT細胞やNK細胞に感染し、慢性活動性EBV感染症を引き起こし、重症化すると肝炎や血小板減少などを発症させるのです。

 

EBVがT細胞などに感染する機序が垣間見えたので、今後は感染予防に治療方法の確立が期待できます。

 

いやぁ〜科学技術の進歩に伴い、いろんなことが見えてきますね。

 

さ、ひろた歯科通信の更新が昼過ぎとなりました。

本日も朗らかに過ごしていきましょう!

 

 

 

ひろた歯科医院のお盆休みは、

8月11日(土・山の日)から8月19日(日)までです。

 

ランキングに参加しております。
励みになりますので、
ランキングアップにご協力をお願い致します。

 

 

「ポチィ」とクリックをお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へここをクリックお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへこちらもクリックお願いします!
にほんブログ村

 


 

raoのコピー.jpg

 

DSC_0973rao.JPG

スライド1.jpg
オゾンは歯科で欠かせないのです!←ココをクリック!

 

名刺2のコピー.jpg

ランキングに参加しております。
励みになりますので、
ランキングアップにご協力をお願い致します。
「ポチィ」とクリックをお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へ←ここをクリックお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ←こちらもクリックお願いします!
にほんブログ村

ひろた歯科医院HP
http://hirotadentaloffice.jimdo.com/
ひろた歯科医院フェイスブックページ
https://www.facebook.com/#!/hirotadentaloffice?pnref=lhc
ひろた歯科医院携帯電話・スマートフォンページ
http://pc.fdoc.jp/hp/127007/
本日の九州北部の大気の状態
http://sprintars.riam.kyushu-u.ac.jp/forecastj.html

カテゴリ:健康・医学・自然科学 | 16:36 | comments(0) | trackbacks(0)
2018年08月08日のつぶやき
10:51
2018年8月8日(水)『遺伝的多様性が生じたのは20万年前』ゲナ! https://t.co/rwvYMuru5T #jugem_blog
カテゴリ:- | 02:20 | - | -
2018年8月8日(水)『遺伝的多様性が生じたのは20万年前』ゲナ!

 

ランキングに参加しております。励みになりますので、
にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へここをクリック願います。
ブログ村に移動したあと、ひろた歯科通信の記事タイトルをクリックし、
当ブログにお戻りください。

 

 

 

おはようございます。8月8日、水曜日です。

本日も晴天となった福岡です。

台風の影響からでしょうか、気温摂氏29度と、30度を下回り、

体感気温は摂氏31度と表示されています。

夜は摂氏26度まで下がるとの予報です。

立秋を過ぎ、秋らしくなるのでしょうか。

涼しくなるのを期待してしまいます。

 

さて、情報社会でインターネットでは様々な情報が発信されています。

今回引用した記事も表題だけ読むと、ダーウィンの進化論は誤りであったと

印象を与えかねない文章ですが、記事を読み進めると、そうでないことが分かります。

 

 

(以下参照

 

 

 

 

 

【衝撃】ダーウィンの進化論完全崩壊? 「ヒトを含む90%の生物種は20万年前に同時に誕生」研究で判明、生物博士が徹底解説!の画像1
画像は「Phys.org」より引用

 生物学の常識を根底から覆すかもしれない驚きの研究結果が明らかになった。

 

 科学ニュース「Tech Times」(5月30日付)などによると、米・ロックフェラー大学のマーク・ストークル氏とスイス・バーゼル大学のデービッド・セイラー氏が、全生物種の約90%は同時に地球上に出現していたことを突き止めたという。つまり、10種のうち9種が人類が誕生したのと同時期である10万〜20万年前に出現したというのだ。同論文は科学ジャーナル「Human Evolution」に掲載された。

 

 今回、研究者らは「DNAバーコーディング」という方法を用いて、地球上の10万種の動物から約500万のDNAバーコードを比較・分析したという。DNAバーコードとは、ミトコンドリアのCOI遺伝子をそれぞれの生物固有のバーコードに見立てたもので、これを照合することで生物種を特定することが可能となる。その結果、とんでもない事実が明らかになった。

 

「これはあまりにも驚愕の結論でしたから、私は精一杯の反論を試みました」(セイラー氏)

 

【衝撃】ダーウィンの進化論完全崩壊? 「ヒトを含む90%の生物種は20万年前に同時に誕生」研究で判明、生物博士が徹底解説!の画像2
画像は「Rockefeller.edu」より引用

 

 セイラー氏が驚くのも無理はない。90%の生物種が同時期に出現したとなると、生物学の常識中の常識である「ダーウィンの進化論」を無効化してしまう可能性を秘めているからだ。ご存知のようにダーウィンの進化論では自然淘汰(自然選択)により徐々に生命は進化してきたと考えられている。しかし、研究者らによると、進化の過程にある「中間種」なるものは存在せず、10万〜20万年前に誕生したという。また、いわゆる突然変異(中立進化)も期待されているほど起こっていないことが明らかになったそうだ。

 

 一体どうしてこんなことが起こったのかは明らかになっていない。あり得るとすれば、大規模な環境的外傷が考えられるが、最後に生物の大規模絶滅が起こったのは6500万年前の隕石衝突による恐竜絶滅ぐらいだという。

 

 今回の研究結果が事実だとすればダーウィンの進化論にどんなインパクトを持つのだろうか? 国立環境研究所の外来生物研究プロジェクト・リーダーである五箇公一先生にトカナ編集部が聞いた。

 

「正直なところ、報道内容は随分曲解されていると思います。ミトコンドリアDNAの進化と種の進化を混同しているという印象です。今回得られた結果は、現存するミトコンドリアDNAの変異の90%が20万年以内に生じたものであるということであり、種が発生した年代ではありません」

 

 ということは進化論を覆す内容ではないということだろうか? 生物学者X氏が詳しく解説してくれた。

 

「原論文を読みましたが、DNAバーコーディング技術のバックグラウンドについての記事で、報道内容とは少し違う印象を受けました。現生の種が生じたのが20万年前というよりも、現生の種の遺伝的多様性が生じたのが20万年という話です。たしかにそれなら納得がいきます。その時期に現生のすべての生物は氷期を経験していて、特に10万年から1万年前には最終氷期極大期がありましたから、多くの種はそこで大量に絶滅してボトルネック(遺伝的多様性の急激な減少)を起こしています。今回の研究は、この20万年〜10万年前に生き残った種が現行の生物種の遺伝的多様性の基盤になっているということです。20万年ぐらいではDNA配列が2、3変わるだけですので、遺伝的変異もさほど起こりません。そういう意味では中間種もいないと言えるでしょうね。つまるところ、多くの系統地理学的な研究は今回の研究結果を支持するものであり、進化論には何の影響もありません」

 

【衝撃】ダーウィンの進化論完全崩壊? 「ヒトを含む90%の生物種は20万年前に同時に誕生」研究で判明、生物博士が徹底解説!の画像4
画像は「Tech Times」より引用

 

 各報道では「生物種のうち、ヒトを含む全体の9割が20万年前〜10万年前に出現したことが明らかになった」と報じられているが、これは誤解を招く表現だとX氏は言う。ここでの出現は「多様性の出現」という意味であって、生物種がいきなり存在したということではないと苦言を呈している。

 

 ただし、20万年前に宇宙人の介入があり、遺伝子の改変があったという線も考えられるだろう。実際にシュメール神話ではアヌンナキと呼ばれる宇宙人が数十万年前に奴隷のために人類を創造したと言われている。果たして20万年前に生物学的なボトルネックがあったのか、それとも……。最終的な判断は読者に委ねたい。


(編集部)


参考:「Tech Times」、「The Guardian」、ほか

http://tocana.jp/2018/06/post_17180_entry.html

 

(引用ここまで)

 

 

げなです。

 

引用した記事に出てくる『ミトコンドリア』は、約20億年前の地球で、藻類のクロロプラストによって酸素が増加し始め、それまで酸素がない環境で生活していた微生物(嫌気性細菌)が、地球に増えた有害な酸素から逃げるためミトコンドリア系の細胞と融合し、真核生物へと進化していきました。

 

この酸素が増加した現象も生物にとって『環境的外傷』となります。

 

で、引用した記事でも指摘されていますが、20万年ほど前に発生した『氷河期』という環境的外傷により、それまで生息していた生物が死滅し、生き残った生物のミトコンドリアDNAを調べても同一種となってしまうという結果なのです。

 

表題だけを見ると、ダーウィンの進化論が誤りで、自然淘汰説はあり得ないと感じられるかもしれませんが、実際によく文章を読むとそうでないことが分かります。

 

ネット社会となり、表題だけを鵜呑みにし、文章を読まずに誤った情報が拡散されています。

 

ちゃんと文書を読み、理解してから発信するよう心掛けていきます。

 

 

では、本日も朗らかに過ごしていきましょう!

 

ひろた歯科医院のお盆休みは、

8月11日(土・山の日)から8月19日(日)までです。

 

ランキングに参加しております。
励みになりますので、
ランキングアップにご協力をお願い致します。

 

 

「ポチィ」とクリックをお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へここをクリックお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへこちらもクリックお願いします!
にほんブログ村

 


 

raoのコピー.jpg

 

DSC_0973rao.JPG

スライド1.jpg
オゾンは歯科で欠かせないのです!←ココをクリック!

 

名刺2のコピー.jpg

ランキングに参加しております。
励みになりますので、
ランキングアップにご協力をお願い致します。
「ポチィ」とクリックをお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へ←ここをクリックお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ←こちらもクリックお願いします!
にほんブログ村

ひろた歯科医院HP
http://hirotadentaloffice.jimdo.com/
ひろた歯科医院フェイスブックページ
https://www.facebook.com/#!/hirotadentaloffice?pnref=lhc
ひろた歯科医院携帯電話・スマートフォンページ
http://pc.fdoc.jp/hp/127007/
本日の九州北部の大気の状態
http://sprintars.riam.kyushu-u.ac.jp/forecastj.html

カテゴリ:健康・医学・自然科学 | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0)
2018年08月07日のつぶやき
11:39
2018年8月7日(火)『ダーウィンの進化論だけでは説明できな生命の神秘』 https://t.co/Rt1TYF03dM #jugem_blog
カテゴリ:- | 02:20 | - | -
2018年8月7日(火)『ダーウィンの進化論だけでは説明できな生命の神秘』

 

ランキングに参加しております。励みになりますので、
にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へここをクリック願います。
ブログ村に移動したあと、ひろた歯科通信の記事タイトルをクリックし、
当ブログにお戻りください。

 

 

 

おはようございます。8月7日、「立秋」の火曜日です。

暦の上では秋ですが、晴れとなった福岡で、気温摂氏32度、

体感気温摂氏37度です。昨日より2℃ほど気温低いのですが、陽射し強く、

暑いです。

大陸性気候で編み出された暦では今日から秋でしょうが、

島国、ようするに海で囲まれた日本ではまだまだ猛暑がつづきそうです。

 

 

さて、ダーウィンの進化論を否定する有名な科学者が、

500人以上存在しているそうです。

その背景は・・・・・。

 

 

(以下参照

 

 

もはや一般レベルでも常識になっているダーウィンの進化論。生物学を専門的に学んでいない人でも自然淘汰や自然選択といった言葉を耳にしたことはあるだろう。だが、実は進化論に反対する科学者も少なからず存在することをご存知だろうか?

 

オルタナティブニュース「Collective Evolution」(8月2日付)によると、2001年に、「ダーウィン主義への科学的異論(A Scientific Dissent from Darwinism)」というダーウィンの進化論に異議を唱えるステートメントが発表され、500人以上の科学者が賛同の意を表明しているという。

 

「ダーウィン主義は、ごまかしの説明でもまかり通った19世紀では興味深いアイデアでした。しかし、ダーウィンの時代の科学を学んだ我々は、複雑な生物学的システムを生み出す自然選択の能力に疑いの目を向けます。ダーウィン主義に有利に働く議論は今日でもごまかしでしかないのです」

 

 

そう語るのは、ステートメント賛同者の一人である英・コヴェントリー大学のコリン・リーブズ氏だ。別の賛同者である米・オハイオ州立大学のクリス・ウィリアムズ氏も次のように語っている。

 

「遺伝・代謝スクリーニングの分野で働く生化学者として、私は生命の複雑さに驚かされ続けています。たとえば、我々一人一人は、すべての細胞に60億個のDNAを持つ巨大なコンピュータプログラムです。そして、その細胞は受精卵から発展していき、極めて機能的な有機システムの中ですべてを結びつけるのです。遺伝学や生化学の外にいる人はほとんど気づいていないことですが、進化論主義者は、まだ生命の起源について実証的な説明をしていないのです。特に、最初に誕生した自己複製型の有機体における遺伝情報の起源については全く説明できていません」(ウィリアムズ氏)

 

では、生命の起源を解き明かす別の理論はあるのだろうか? DNAの二重らせん構造を発見し、1962年にノーベル生理学・医学賞を受賞したイギリスの科学者フランシス・クリック博士が、エクストリームな可能性に言及していたという。

 

作家のグレッグ・ブレイデン氏によると、クリック博士は、「生命を作るブロックはランダムな変異以上の何かの結果」だと信じていたという。そしてその何かとは、「地球外知的生命体の介入」であると考えていたようだ。

 

アポロ15号の乗組員だったアルフレッド・ワーデン氏も、地球外知的生命体=宇宙人が地球上の生命の発生に関与していた可能性に言及している。

 

「我々も宇宙人なのですが、まるで他人事のように考えてしまいます。しかし、人類こそ、どこか別のところからやって来たのです。私は、誰かが小さな宇宙船に乗って地球にやって来て、文明を築いたと信じています」(ワーデン氏)

 

我々はどこから来たのか……その答えはまだまだ出そうにない。しかし、事実はダーウィンの進化論とは全くの別ものであるかもしれない可能性だけは覚えておきたい。


(編集部)

参考:「Collective Evolution」、ほか

 

(引用ここまで)

 

 

げなです。

 

たしかに、ダーウィンの進化論だけでは生命がいつ、どこで誕生したのかを説明できません。ダーウィンの進化論は生命が誕生した後、個体差が生じた要因について論じているだけです。

 

引用した記事で、1962年にノーベル賞を受賞したクリック博士は『地球外生命体の介入』により、DNAが造られ、生命が飛躍的に進化したと考えていたとの記述があります。

 

確かに、海水だけで核酸を合成し、生命体を作り出すことは困難なことで、そう考えるに至ったとしても不思議ではありません。

 

まぁ、何が正しいとか、答えが一つでないのが『自然科学』。

今後新たな発見がなされるその日まで、楽しんでいきましょう。

 

では、本日も朗らかに過ごしていきましょう!

 

 

ひろた歯科医院のお盆休みは、

8月11日(土・山の日)から8月19日(日)までです。

 

ランキングに参加しております。
励みになりますので、
ランキングアップにご協力をお願い致します。

 

 

「ポチィ」とクリックをお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へここをクリックお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへこちらもクリックお願いします!
にほんブログ村

 


 

raoのコピー.jpg

 

DSC_0973rao.JPG

スライド1.jpg
オゾンは歯科で欠かせないのです!←ココをクリック!

 

名刺2のコピー.jpg

ランキングに参加しております。
励みになりますので、
ランキングアップにご協力をお願い致します。
「ポチィ」とクリックをお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へ←ここをクリックお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ←こちらもクリックお願いします!
にほんブログ村

ひろた歯科医院HP
http://hirotadentaloffice.jimdo.com/
ひろた歯科医院フェイスブックページ
https://www.facebook.com/#!/hirotadentaloffice?pnref=lhc
ひろた歯科医院携帯電話・スマートフォンページ
http://pc.fdoc.jp/hp/127007/
本日の九州北部の大気の状態
http://sprintars.riam.kyushu-u.ac.jp/forecastj.html

カテゴリ:健康・医学・自然科学 | 11:39 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/818PAGES | >>