ひろた歯科通信
2018年02月20日のつぶやき
10:36
2018年2月20日(火)『カーリングのストーンが曲がる理由!』げなよ! https://t.co/2shJMF4k68 #jugem_blog
カテゴリ:- | 02:20 | - | -
2018年2月20日(火)『カーリングのストーンが曲がる理由!』げなよ!

 

ランキングに参加しております。励みになりますので、
にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へここをクリック願います。
ブログ村に移動したあと、ひろた歯科通信の記事タイトルをクリックし、
当ブログにお戻りください。

 

おはようございます。2月20日、火曜日です。

 

本日の福岡は晴れ。気温摂氏7度、体感気温摂氏9度です。

陽の当たる場所は暖かく心地良いのですが、

喫煙所となっている日陰は空気が冷たく、

今日も愛煙家にとって辛い1日となりそうです。

 

さて、冬季オリンピックで注目されている『カーリング』。

女子カーリングチームは五輪過去最多の5勝を挙げました。

で、あの『ストーン』がなぜ曲がるのかを真剣に調べた学者さんが、

その成果を発表しました。

 

(以下引用)

 

「カーリングのストーンはなぜ曲がるのか?」

という何百年も続いた謎を研究者らが解明

 

「カーリングのストーンはなぜ曲がるのか?」という問題は、実は何百年にわたって科学的に解き明かされていない謎として存在してきました。そんな中、この謎を数学的に解き明かし、物理的に説明した研究者らが登場しています。

 

First principles pivot-slide model of the motion of a curling rock: Qualitative and quantitative predictions - ScienceDirect

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0165232X17302975

'Eureka': Alberta researcher puts new spin on curling conundrum - Edmonton - CBC News

http://www.cbc.ca/news/canada/edmonton/edmonton-researcher-spin-curling-rock-science-1.4435849

Winter Olympics 2018: Age-Old Curling Question Answered at Last | Inverse

 

https://www.inverse.com/article/41383-winter-olympics-2018-researchers-answered-curling-question

 

カナダ・アルバータ大学で熱力学と機械工学を研究するEdward Lozowski博士は「なぜカーリングのストーンは曲がるのか?」ということを、4年間にわたって考え続けた人物。当初は「1年以内には解き明かせるだろう」と考えていたそうですが、カーリングのストーン問題は非常に難しかったとのこと。しかし、2017年のある日、Lozowski博士が朝早くに目覚めると突然、謎を解く数式が頭に浮かんだそうです。そして、すぐに数式を使って計算を行った結果、カーリングのストーンの正しい総旋回時間を導けたといいます。

 

これまで、「カーリングのストーンはなぜ曲がるのか?」問題は「氷とストーンの間の摩擦の問題」というシンプルな説明しか行われていませんでした。しかし、氷の摩擦ではストーンの軌道が変わる「カール」の大きさを説明できないとLozowski博士は気づきました。そこで、Lozowski博士はノーザン・ブリティッシュ・コロンビア大学の理論物理学者であるMark Shegelski博士と共に、「ストーンが小さな氷の『小石』にくっついた一瞬で回転軸が生じ、それがストーンが曲がるという現象を引き起こしている」ことについて研究を行いました。

 

カーリングのレーンは「完璧に平ら」にはなっていません。試合前にはアイス・メーカーと呼ばれる製氷技術者がレーンに水をまくため、氷の表面には「小石」のようなものができます。ストーンが放たれたときに音が響くのはこの小石が原因とのこと。

 

ストーンがこの小石と接触すると、ほんの一瞬だけストーンが小石にくっつき、わずかにストーンの方向が変わります。これは電気丸のこの刃の動きを無理やり止めたことを想像するとわかりやすいのですが、刃の動きを止められた電気丸のこは、今度は機械全体が回りだします。これと同じことがストーンにも起こり、ストーンがすべりながら何千回もこのような方向転換が繰り返されることで、大きなカールが生まれるわけです。

 

byBenson Kua

 

これまで行われてきた多くの研究とは違い、Lozowski博士とShegelski氏はストーンが曲がる距離を数式を使って計算しました。2人の数式は、ストーンの半径やストーン下部につけられたリングのきめ細かさ、選手の走り、氷の固さと弾性、ストーンの速度、ストーンがレーンに着地するまでの時間、そして氷の小石のサイズと密度などを考慮したもの。2人の数式は「ぴったりと正しい」というわけではないそうですが、これらの要素の推定の値を数式に当てはめれば、観測しているストーンのカールと近い数字が算出されるといいます。

 

2人の研究者らの発表によって、カーリングが物理の上に成り立っており、戦略・技巧・体力によって成立する驚異のスポーツであることが示されたわけです。

 

(引用ここまで)

 

げなです。

 

読んでも全く理解できないのですが、まぁ、氷上レーン上に存在する氷の粒に影響され、曲がるとの事。そういえば、カナダ戦前日に運営側がストーンを削って摩擦力が増し、曲がり幅が広がり、選手が戸惑ったとの記事を読みましたね。

 

5勝4敗となった日本女子カーリングチーム。残り2試合も格上の英国、スイスと対戦します。史上初の準決勝に向け、頑張ってもらいたいです!頑張れニッポン!

 

では、本日も笑顔で朗らかに過ごしていきましょう!

 

 

 

今月の臨時休診は、

22日の木曜日

21日の水曜日は午後7時までの診療となります。

 

何かとご迷惑をお掛け致しますが、ご理解とご協力のほど、

よろしくお願い申し上げます。

 

ランキングに参加しております。
励みになりますので、
ランキングアップにご協力をお願い致します。

「ポチィ」とクリックをお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へここをクリックお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへこちらもクリックお願いします!
にほんブログ村

 



 

raoのコピー.jpg

 

海岸1のコピー.jpg



スライド1.jpg
オゾンは歯科で欠かせないのです!←ココをクリック!

 

ランキングに参加しております。
励みになりますので、
ランキングアップにご協力をお願い致します。
「ポチィ」とクリックをお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へ←ここをクリックお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ←こちらもクリックお願いします!
にほんブログ村

ひろた歯科医院HP
http://hirotadentaloffice.jimdo.com/
ひろた歯科医院フェイスブックページ
https://www.facebook.com/#!/hirotadentaloffice?pnref=lhc
ひろた歯科医院携帯電話・スマートフォンページ
http://pc.fdoc.jp/hp/127007/
本日の九州北部の大気の状態
http://sprintars.riam.kyushu-u.ac.jp/forecastj.html

カテゴリ:雑学 | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0)
2018年02月19日のつぶやき
12:20
2018年2月19日(月)『免疫機能低下が癌発症率を上げる!?』げな https://t.co/uziPOnYLDs #jugem_blog
カテゴリ:- | 02:20 | - | -
2018年2月19日(月)『免疫機能低下が癌発症率を上げる!?』げな

 

ランキングに参加しております。励みになりますので、
にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へここをクリック願います。
ブログ村に移動したあと、ひろた歯科通信の記事タイトルをクリックし、
当ブログにお戻りください。

 

おはようございます。2月19日、月曜日です。

 

本日の福岡は曇り。気温摂氏8度、体感気温摂氏4度です。

今日も愛煙家にとって辛い1日となりそうです。

 

さて、年を重ねるうちに癌になる確率が上昇するのは、

免疫系の機能低下が引き金となっているとの研究結果が発表されました。

 

(以下引用)

 

年を取るにつれガンになる確率が上がるのは

免疫系の機能低下が起こるからだとする研究結果

 

発ガンは、ガン抑制遺伝子の対立遺伝子の両方が変異や欠損によって機能を失うことで起こるとする「2ヒット仮説」は、1971年にアルフレッド・ジョージ・クヌードソンJrが提唱してから2018年現在まで、発ガンにおける支配的なアイデアとして存在しました。しかし、新しい研究では、対立遺伝子ではなく、ガンを抑制する免疫系の役割が着目されています。

 

As we age, cancer rates go up as immune system winds down | Ars Technica

https://arstechnica.com/science/2018/02/as-we-age-cancer-rates-go-up-as-immune-system-winds-down/

Thymic involution and rising disease incidence with age | Proceedings of the National Academy of Sciences

http://www.pnas.org/content/early/2018/01/30/1714478115

 

細胞の変異は分裂時に起こるため、細胞が分裂すればするほど変異が起こる確率は増えます。そのため、年齢と共に発がんする確率が上がるのは、細胞が分裂するほど「2ヒット」の変異が起こる機会が増えるためだと考えられてきました。

 

この2ヒット仮説を立証する主な証拠は、網膜芽細胞腫の症例からきています。遺伝性の網膜芽細胞腫を持つ子どもは第一に遺伝的なRb遺伝子の異常を保有しており、そこへ何かしらの第二の異常が生ずると発ガンするというわけです。遺伝的な遺伝子変異を有する子どもの多くは5歳になる前に目の中に腫瘍ができるといわれています。

 

現在行われているオーダメイド医療は、この2ヒットモデルに焦点を当てたもの。がんを引き起こすカギとなる変異を識別して狙いを定め、それらを無力化させるという治療を行いますが、治療は成功することもあれば失敗することもあるとのこと。また、全てのがんにターゲットとすべき明確な遺伝子があるわけではなく、薬に反して腫瘍が成長していくことも多くあるそうです。

 

一方で、近年、体内のT細胞を腫瘍を攻撃する「キラーT細胞」として教育し、増殖・活性化させることでガン細胞を殺すという形の免疫療法が効果を上げています。一般的に腫瘍はT細胞を活性化させるたんぱく質を表面に持っていますが、このたんぱく質は人の免疫系を妨げるメカニズムも持ちます。ガンの免疫療法ではこの妨げを消し、腫瘍と戦うT細胞を解き放つ治療を行っていきます。

最新の研究では免疫系と腫瘍細胞との関係が解析されたところ、このような免疫系の機能は治療のアプローチの基礎として利用できるだけでなく、「なぜ人は年を取るにつれ発ガンしやすくなるのか」ということを説明することが示されました。

 

T細胞は胸腺で作られるのですが、この胸腺は小児期に最も大きく、年を取るにつれ少しずつ小さくなり、T細胞が作られる数も減少していきます。数学的モデルが示す内容によると、ガンを引き起こす遺伝子変異が起こる確率は一生を通して大体同じですが、若いうちは数多く存在するT細胞が初期のガン細胞を一掃してくれるために病気になりにくいとのこと。

 

しかし、年齢と共にT細胞の数が減少し、ガン細胞が増えてくると、免疫系が圧倒され、病気という形になります。このような免疫系の機能低下は発ガンだけでなく、人が年を取るほどに伝染病にかかりやすくなるという事象についても説明するとのことです。研究者らは、男性が女性に比べてガンの罹患率が高いのは、女性の方が循環系に入るT細胞が多く、加齢によるT細胞の減少割合が小さいためだと見ています。

 

また、今回の研究で示された新しいモデルに適合するガン患者の90%は、50代の終わりごろに何らかの急激な変化があるため、50代後半に厳密な検査をすることが推奨されています

 

今回の研究は、発ガンが「2ヒット仮説」だけで説明されるものではないということを示したのが重要な点。遺伝子の変異はもちろん発ガンの仕組みにおいて重要な要素ですが、変異があっても免疫系が対抗することで発ガンは防げるということが示されたわけです。

 

(引用ここまで)

 

げなです。

 

1971年に提唱された『2ヒット』仮説は当時、画期的なもので、現在でも『仮説』であるにも関わらず、多くの人が信じています。その後、遺伝子解析技術の進歩に伴い、異常遺伝子が同定されてきました。

 

引用した記事に出てくる『Rb遺伝子』もその一例で、遺伝子をターゲットとした薬(抗がん剤)も開発され日本国内では現在も多様されています。

 

抗がん剤などの多くの内服薬は水溶性で、血液中に溶けてその効能が発揮されます。血液中を移動する癌細胞には薬が効果を発揮するかもですが、脂でドロドロとしたリンパ管内では薬の効果が出にくいのです。よって薬を服用して癌細胞が死滅することもあればしないといった状況が生まれてくると考えています。さらに抗がん剤は癌細胞を駆除する免疫系の細胞(T細胞)をも破壊(死滅)させますので、ご注意くださいませ。

 

そもそも癌細胞は、冷たい海水中で生きてきた『シアノバクテリア系』に先祖返りした細胞と考えられています。で、エネルギー獲得として『解糖系』と呼ばれるエネルギー(ATP)産生のメカニズムのみとも云われております。ですので、身体を冷やすものを食べすぎると、癌細胞が元気になってきます。

 

冷たい海水中で生きてきた細菌に近いので、身体を温める(36℃以上)と、癌細胞にとっては生存しにくい環境となります。年齢が50歳を過ぎたころから体を冷やす食の摂取を控えるよう気を配りましょう。

 

では、週明け月曜日となりました。本日も今週も笑顔で朗らかに過ごしていきましょう!

 

癌に関するひろた歯科通信関連記事はコチラ→http://hirotashika.jugem.jp/?eid=6578

 

 

今月の臨時休診は、

22日の木曜日

21日の水曜日は午後7時までの診療となります。

 

何かとご迷惑をお掛け致しますが、ご理解とご協力のほど、

よろしくお願い申し上げます。

 

ランキングに参加しております。
励みになりますので、
ランキングアップにご協力をお願い致します。

「ポチィ」とクリックをお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へここをクリックお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへこちらもクリックお願いします!
にほんブログ村

 



 

raoのコピー.jpg

 

海岸1のコピー.jpg



スライド1.jpg
オゾンは歯科で欠かせないのです!←ココをクリック!

 

ランキングに参加しております。
励みになりますので、
ランキングアップにご協力をお願い致します。
「ポチィ」とクリックをお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へ←ここをクリックお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ←こちらもクリックお願いします!
にほんブログ村

ひろた歯科医院HP
http://hirotadentaloffice.jimdo.com/
ひろた歯科医院フェイスブックページ
https://www.facebook.com/#!/hirotadentaloffice?pnref=lhc
ひろた歯科医院携帯電話・スマートフォンページ
http://pc.fdoc.jp/hp/127007/
本日の九州北部の大気の状態
http://sprintars.riam.kyushu-u.ac.jp/forecastj.html

カテゴリ:がん・抗がん剤・がん治療関連 | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0)
2018年02月17日のつぶやき
12:19
2018年2月17日(土)『睡眠中に脳がクールダウンされる仕組み解明!』 https://t.co/RDqBJ8xTvz #jugem_blog
カテゴリ:- | 02:20 | - | -
2018年2月17日(土)『睡眠中に脳がクールダウンされる仕組み解明!』

 

ランキングに参加しております。励みになりますので、
にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へここをクリック願います。
ブログ村に移動したあと、ひろた歯科通信の記事タイトルをクリックし、
当ブログにお戻りください。

 

おはようございます。2月17日、土曜日です。

 

本日の福岡は晴れ!久しぶりの青空です!

晴れているのですが、気温摂氏8度、体感気温摂氏5度です。

空気が乾燥しているので肌寒い週末となりました。

 

愛煙家にとって乾燥しているので、火の始末を確実にですね。

 

さて、東大と理研の合同研究チームが、睡眠中に脳がクールダウンされる

仕組みを解明したそうです。

 

(以下引用)

 

東大ら、睡眠中に脳がクールダウンされる仕組みを解明

- 生物が眠る謎に迫る

 

 

東京大学(東大)は、同大らの研究グループが、睡眠中に海馬の神経回路がどのようにクールダウンされるのかを明らかにしたことを発表した。

 

この成果は、東大大学院薬学系研究科の池谷裕二教授、理化学研究所(理研) 脳科学総合研究センターの藤澤茂義氏、マックスプランク脳科学研究所研究員の乘本裕明氏(元:東京大学大学院薬学系研究科 大学院生/元:理化学研究所 基礎科学特別研究

員)によるもので、2月8日の「Science誌」(オンライン版)に掲載された。

 

海馬が学習や記憶に関わっていることは知られているが、神経細胞の数には限りがあるため、そのままでは脳内が記憶情報で飽和してしまう。そのため何らかの「クールダウン」の機構が海馬に備わっていると長らく予想されていた。

 

このたび研究グループは、生体動物および「sharp wave ripple(以下、SWR)」を発生する特殊な脳スライスを用いることで、 SWRがシナプス可塑性に与える影響を調べた。その結果、SWRが睡眠中にシナプスの繋がり度合いを弱めていることを突き止めた。この現象は、眠る直前に学習した情報をコードするニューロン群では生じなかった。つまり、SWRは必要な情報を確保しながら不要なシナプスを弱めることで、記憶キャパシティを確保することが明らかになった。また、睡眠中のSWRを阻害するだけで睡眠不足の状態を十分に再現できることから、睡眠の目的のひとつは「SWRを出して回路をクールダウンするため」であると言える。

 

この成果は、脳回路の機能制御における睡眠の役割を解明し、「生物はなぜ眠るのか」という疑問について明確な答えを提示するものであるという。自閉スペクトラム症や統合失調症などでは、睡眠中のSWRの発生が乱れ、脳回路の興奮性が高いことも知られている。研究グループでは「睡眠中SWRによる脳回路のクールダウンが生じないことが多様な精神症状に引き起こす」という仮説をたて、その検証と治療法の確立に取り組んでいる。老人の脳でもSWR発生低下や脳回路過剰興奮が知られており、実際に一部の老人では自閉スペクトラム様の症状(頑固、社会性欠如など)および統合失調症様の症状(せん妄、被害妄想)などが生じている。研究グループは、SWRの観点から老年性症状を回復できる可能性についても模索していくということだ。

 

(引用ここまで)

 

げなです。

 

睡眠は大切ということで!

 

さて、週末土曜日です。本日は大阪からお客様がお越しになり、

福岡で会議です。夜は快食となります。

接待ですので、酔い酒沫とはなりませんが、

皆様、良い週末をお過ごしください。

 

 

今月の臨時休診は、

22日の木曜日

21日の水曜日は午後7時までの診療となります。

 

何かとご迷惑をお掛け致しますが、ご理解とご協力のほど、

よろしくお願い申し上げます。

 

ランキングに参加しております。
励みになりますので、
ランキングアップにご協力をお願い致します。

「ポチィ」とクリックをお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へここをクリックお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへこちらもクリックお願いします!
にほんブログ村

 



 

raoのコピー.jpg

 

海岸1のコピー.jpg



スライド1.jpg
オゾンは歯科で欠かせないのです!←ココをクリック!

 

ランキングに参加しております。
励みになりますので、
ランキングアップにご協力をお願い致します。
「ポチィ」とクリックをお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へ←ここをクリックお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ←こちらもクリックお願いします!
にほんブログ村

ひろた歯科医院HP
http://hirotadentaloffice.jimdo.com/
ひろた歯科医院フェイスブックページ
https://www.facebook.com/#!/hirotadentaloffice?pnref=lhc
ひろた歯科医院携帯電話・スマートフォンページ
http://pc.fdoc.jp/hp/127007/
本日の九州北部の大気の状態
http://sprintars.riam.kyushu-u.ac.jp/forecastj.html

カテゴリ:健康・医学・自然科学 | 12:19 | comments(0) | trackbacks(0)
2018年02月16日のつぶやき
13:15
2018年2月16日(金)『死後も活動する遺伝子が人体で確認された!』 https://t.co/dPLOrcf3GQ #jugem_blog
カテゴリ:- | 02:20 | - | -
2018年2月16日(金)『死後も活動する遺伝子が人体で確認された!』

 

ランキングに参加しております。励みになりますので、
にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へここをクリック願います。
ブログ村に移動したあと、ひろた歯科通信の記事タイトルをクリックし、
当ブログにお戻りください。

 

おはようございます。2月16日、金曜日です。

 

本日の福岡は曇り。気温摂氏8度、体感気温摂氏14度です。

昨日より体感気温は上昇していますが、肌寒く感じます。

週末は晴れとの予報です。宮地嶽神社の光の道が満喫できそうですね。

ただ、残念なことに、明日は福岡で会議・・・・・。

午後4時から缶詰状態となり、夜は快食会。

日曜日は接待で宗像まで出かけますが、午後5時には福岡空港。

よって宮地嶽神社での夕日を楽しめそうにありません・・・・。

次のチャンスは10月!秋に楽しむことにします。

 

さて、我々の思考はウイルスに操られているとの

面白い報告がなされました。

 

(以下引用)

 

 

 

死後、人体の中で活動する遺伝子が存在することが新たな研究で明らかになった。英国営放送「BBC」(13日付)が報じている。

一昨年、小型魚とネズミの体内で、死後も遺伝子が48時間生き残り続けることが明らかになり、世界中に衝撃が走った。今回、科学ジャーナル「Nature Communications」で公表された研究もそれに連なるものと考えられるが、前回の研究と違う点が2つある。1つは人体サンプルを分析したこと。2つ目は、死亡推定時刻の算出に有効であることが明らかになったことだ。

 

■人体の死後も生き残り続けるゾンビDNA

「BBC」によると、スペイン・バルセロナ科学技術研究所のレドリック・グイゴ教授率いる研究チームは、死後24時間以内の検体の細胞組織を分析した結果、タンパク質の合成に関与するRNAが死後も活動していることが判明したという。

 

「死に対して細胞が反応していることが分かりました。このことは、死後にも遺伝子が複製レベルで、ある程度活動しているということです」(グイゴ教授)

 

死後にも遺伝子が活動している正確な理由は分かっていないが、グイゴ教授は、血流の停止により、肉体が酸欠状態になることが引き金となっているのではないかと推測している。

 

■死亡推定時刻算出に貢献

2016年の研究では、死後に生き残る遺伝子の存在が死亡推定時刻の正確な算出に役立つ可能性が指摘されていたが、今回の研究により、人体サンプルでも同様の現象が確認されたことで、応用可能性がさらに高まった。というのも、今回の研究では、サンプルから得られたデータはどの検体でも一貫性を示しており、RNAレベルから正確な死亡推定時刻を算出こともできるだろうからだ。

 

一般に死亡推定時刻は、残留体温の低下、死後に生じるアザのような死斑、目の白濁度合い、死後硬直、腐敗の程度など、さまざまな遺体の兆候から総合的に推測される。季節や遺体の置かれていた場所(土中、水中、地面など)で変化はあるが、大体の死亡時刻を推定することはできると言われている。しかし、結局のところ最終的には法医学者の経験による推理となってしまうため、完璧な手法とは言えないことは確かだ。だから、RNAのレベルで死亡推定時刻が算出できるようになれば、ヒューマンエラーを含まない完全に科学的な手法となるだろう。

しかし、今回のサンプルはどれも死後24時間のサンプルであったこと、年齢や死因など考慮すべき要素が検討されていないことから、グイゴ教授は「実践での使用に耐えるメソッドではない」と遠慮がちに述べるにとどまっている。

 

生命のメタファーを蛍光灯だとすると、スイッチを切れば即時的に光は消えてしまう(死んでしまう)。これは現在ひろく受け入れられている、生と死がはっきりと分断された死の捉え方だろう。しかし、米カリフォルニア生物医学系研究所「ソーク研究所」のサケット・ナブラカ博士と米デューク大学博士課程に在籍するジョナサン・スエン氏は、脳とコンピュータの類似性を指摘し、人間の死をコンピュータのシャットダウンになぞらえて考えている。コンピュータのシャットダウンはゆっくりとした段階を踏むものだ。血流や呼吸の停止後も遺伝子レベルでは生きているという今回の研究結果に即したメタファーと言えるだろう。

 

死をめぐる発見は日々アップデートされている。いつか全く新しい死の定義が生まれるかもしれない。今後の研究に期待しよう。


(編集部)

 

参考:「BBC」、ほか

 

(引用ここまで)

 

げなです。

 

死後も細胞はタンパク質を作り出している。意識とは関係ない部分で細胞は活動しているとの事。今回の研究結果から死後24時間は細胞が生きていることが分かりました。今後、この事実から死亡推定時刻などの算出がより科学的になると思います。

 

さて、週末金曜日となりました。

明日の会議準備に取り掛かります!

 

では、本日も笑顔で朗らかに過ごしていきましょう!

 

 

今月の臨時休診は、

22日の木曜日

21日の水曜日は午後7時までの診療となります。

 

何かとご迷惑をお掛け致しますが、ご理解とご協力のほど、

よろしくお願い申し上げます。

 

ランキングに参加しております。
励みになりますので、
ランキングアップにご協力をお願い致します。

「ポチィ」とクリックをお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へここをクリックお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへこちらもクリックお願いします!
にほんブログ村

 



 

raoのコピー.jpg

 

海岸1のコピー.jpg



スライド1.jpg
オゾンは歯科で欠かせないのです!←ココをクリック!

 

ランキングに参加しております。
励みになりますので、
ランキングアップにご協力をお願い致します。
「ポチィ」とクリックをお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へ←ここをクリックお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ←こちらもクリックお願いします!
にほんブログ村

ひろた歯科医院HP
http://hirotadentaloffice.jimdo.com/
ひろた歯科医院フェイスブックページ
https://www.facebook.com/#!/hirotadentaloffice?pnref=lhc
ひろた歯科医院携帯電話・スマートフォンページ
http://pc.fdoc.jp/hp/127007/
本日の九州北部の大気の状態
http://sprintars.riam.kyushu-u.ac.jp/forecastj.html

カテゴリ:雑学 | 13:15 | comments(0) | trackbacks(0)
2018年02月15日のつぶやき
18:32
2018年2月15日(木)『我々の思考はウイルスに操られている!?』げな! https://t.co/q0atrApuiO #jugem_blog
カテゴリ:- | 02:20 | - | -
2018年2月15日(木)『我々の思考はウイルスに操られている!?』げな!

 

ランキングに参加しております。励みになりますので、
にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へここをクリック願います。
ブログ村に移動したあと、ひろた歯科通信の記事タイトルをクリックし、
当ブログにお戻りください。

 

こんにちは。2月15日、木曜日です。

 

本日の福岡は雨。小雨パラツク空模様となりました。

気温摂氏9度、体感気温摂氏12度です。

雨となり若干暖かく感じます。

気になる週末を御天気ですが、晴れのち曇り。

17日土曜日は、嵐が出演したJALのCMで一躍有名となった『光の道』が、

綺麗に観測できる土曜日なのです。

(詳しくは→https://fanfunfukuoka.com/town/101126/

 

 

さて、我々の思考はウイルスに操られているとの

面白い報告がなされました。

 

(以下引用)

 

我々の思考はウイルスに操られている?

ヒトの意識には古代のウイルスが関係しているという研究結果

 

我々人間の脳には古代のウイルスが紛れ込んでいた。そして、それは人間の意識的思考の根幹に介在しているという。

 

古代ウイルスが遺伝情報を動物のゲノムに結び付けた

 

『Cell』に掲載された2本の論文によれば、大昔にあるウイルスがその遺伝情報を4本足動物のゲノムに結びつけたという。

 

情報の断片は今もなお人間の脳の中で生きており、遺伝情報をパッケージ化し、ウイルスそっくりな小さなカプセルの中に収めた情報を神経細胞から周囲に送り届けるというきわめてウイルス的な作業を行なっている。

 

そして、この情報のパッケージは、神経がコミュニケーションを行い、再編成するという、高度な思考に欠かせないと考えられている作業において決定的な要素かもしれない。

 

ウイルスは遺伝子の寄生虫

 

人間の遺伝情報の一部がウイルスに由来すると聞いて驚く人もいるだろうが、それは意外なほど一般的なことだ。

 

2010年の大阪大学の研究などで、人類の祖先が4000万年以上前に感染したとみられるウイルス遺伝子の一部が取り込まれいることがわかっている。また、2016年の論文によれば、ヒトゲノムの40〜80パーセントが大昔のウイルスの侵入によって獲得されたものだ。

ウイルスがバクテリアと違って単に人体内で家を作ろうと企むだけの存在ではない。ウイルスとは遺伝子の寄生虫である。

 

彼らは遺伝情報を宿主の細胞に注入して乗っ取っては、己のために利用する。典型的なものとして、ウイルスを作成するための工場にする。

 

この過程は大抵は宿主に無益か有害なものだ。だがごく稀に注入された遺伝子が良性だったり、それどころか有益だったりすることがある。

 

また、2016年の論文では、ウイルス性の遺伝子が免疫系や胚発達の最初の数日において重要な役割を果たしているらしいことを発見したとある。

 

最新論文ではさらに一歩進んで、古代ウイルスが人間や動物の脳細胞で健在であるばかりか、我々が知る思考というプロセスはそれがなければ生じなかったであろうほど重要であるらしいと論じている。

 

人間の思考は古代ウイルスが関係している?ウイルス由来の「Arc遺伝子」

 

研究から判明したのは、シナプス(神経細胞同士のつなぎ目)が発火して間もなく、「Arc」というウイルス由来遺伝子が目覚め、「RNA」というモバイル型情報として指示を書き記すということだ。

 

RNAは細胞核の外の世界におけるDNAのメッセンジャーであり、代理人だ。DNAの二重らせんの情報コピーであり、それが役立つ場所に配置されるように遺伝子の指示を携えている。面白いことに、ウイルスは自身の遺伝情報をDNAではなくRNAに保持する傾向がある。

 

Arc RNAの指示に従い、神経細胞は「カプシド」というウイルスのようなエンベロープをその周囲に構築する。そして、RNAはエンベロープのおかげで細胞間を安全に移動できるようになる――隣の神経細胞に進入し、遺伝情報のパケットを伝えるのだ。

 

その情報が新しい細胞に到着した時の役割は不明だが、研究では、このプロセスが適切に機能しない限り、シナプスの発火は消えてしまうことが明らかになっている。またArc遺伝子に問題があった場合、自閉症などの症状として現れる傾向にある。

 

 

妙なことに、Arc遺伝子がウイルスから動物に宿ったのは一度だけではないらしい。人間や他の4本足の動物が持つArc遺伝子は互いに密接に関連しているようだ。一方、ミバエと蠕虫のそれは別々に獲得されたようなのだ。

 

References:ncbi/ncbi/foxnews/theantimedia/ written by hiroching / edited by parumo

 

(引用ここまで)

 

げなです。

 

確かに、ウイルス遺伝子は感染先の細胞遺伝子と結合し、ウイルスに必要なタンパク質を作り出す『工場』へと変化します。このウイルス遺伝子の情報が継代されているとは、驚きました。それも数十代でなく、4000万年前のウイルス遺伝子をいまでも受け継がれているのです!

 

引用した記事に出てくる『arcRNA』は『抽出しにくいRNA』ともいわれ、アーキテクチュアルRNAの頭文字をとって『arc』が頭についています。

ヒトゲノムの7割以上の領域いに存在するノンコーディング(nc)RNAのうち、細胞核の顆粒構造の骨格として働いており、ストレスや病原体感染などの刺激に応答して作られると考えられています。

 

このarcRNAが太古のウイルス感染により刷り込まれた情報だとすると、われわれヒトの免疫は、ウイルスにより構築されたとも言えなくもないですね。もっと詳しく勉強します!

 

本日の更新が夜となりました。残りわずかですが本日も朗らかに過ごしていきましょう!

 

 

今月の臨時休診は、

22日の木曜日

21日の水曜日は午後7時までの診療となります。

 

何かとご迷惑をお掛け致しますが、ご理解とご協力のほど、

よろしくお願い申し上げます。

 

ランキングに参加しております。
励みになりますので、
ランキングアップにご協力をお願い致します。

「ポチィ」とクリックをお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へここをクリックお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへこちらもクリックお願いします!
にほんブログ村

 



 

raoのコピー.jpg

 

海岸1のコピー.jpg



スライド1.jpg
オゾンは歯科で欠かせないのです!←ココをクリック!

 

ランキングに参加しております。
励みになりますので、
ランキングアップにご協力をお願い致します。
「ポチィ」とクリックをお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へ←ここをクリックお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ←こちらもクリックお願いします!
にほんブログ村

ひろた歯科医院HP
http://hirotadentaloffice.jimdo.com/
ひろた歯科医院フェイスブックページ
https://www.facebook.com/#!/hirotadentaloffice?pnref=lhc
ひろた歯科医院携帯電話・スマートフォンページ
http://pc.fdoc.jp/hp/127007/
本日の九州北部の大気の状態
http://sprintars.riam.kyushu-u.ac.jp/forecastj.html

カテゴリ:健康・医学・自然科学 | 18:32 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/794PAGES | >>